新潟秘境駅キャンプツーリング

バイク

旧ブログの記事をサルベージしたものです。当時の画像をそのまま持ってきているので、サイズが小さいことについてはご容赦ください。

2004年の長距離走り納めの一発。大まかな時刻や累積距離を交えつつ…。

2004/10/17

05:50 水戸発 0km
06:50 道の駅「ばとう」 59km
07:35 道の駅「湯の香しおばら」 96km
08:25 道の駅「たじま」 126km

会津高原まで2時間半。一般人が動き出す前に西那須野市街と塩原を突っ切ったのが大きかった。早起きは三文の得。でもクソ寒いんですけどー。道路の気温電光表示は田島の辺りで9℃。防寒用のカッパは荷物の奥だしなー。めんどいから放置。田島で豚汁300円。

09:40 田子倉ダム 204km
11:50 道の駅「瀬替えの郷せんだ」 292km

六十里越の記念碑から田子倉湖をパチリ。そんなこんなで新潟に初突入。予定していたルートから反れちゃって偶然仙田に到達。きのこ汁100円で売ってたので食べる。メチャうま。 この辺りから気温が徐々に上がり始める。うむ、快適。

12:45 道の駅「風の丘米山」 330km
13:00 青海川駅 331km

念願叶ってついに訪問。夏の様な青空。気温も急上昇して20℃突破(というか会津高原が寒いんだな)。そしてエメラルド色の海。幻想的な光景。憧れは裏切られなかった。参考までに、秘境駅ランキングは194位。イシダも駅ノートにコソコソと書き込みしてきました。青海川駅訪問の際には是非御覧下さいな。尚、持出厳禁って書いてあるのに持出すバカがいる模様。アホめ。

んー、実は水戸出発の予定は05:00だったんですよ。お昼には青海川に着きたかったんだが…。よし、次の目的地までは奮発して高速道路だ!北陸道は1XXkm/hで走行車線を走ってても煽られるぞ!キャンプ道具積んでるからスピード出したくないのに!

14:05 筒石駅 400km

念願叶ってついに訪問2。地下鉄でもないのにトンネル内にあるという珍しい駅。JRの土合駅や北越急行の美佐島駅と並び、変な駅好きの人に愛されてます。秘境駅ランキング170位

トンネルの断面積をケチるため、上りホームと下りホームが互い違い。ヒンヤリしてて、どこかからか地下水の流れる音。

駅員さん曰く「しばらく列車は停まらないけど、折角来たんだから特急の通過を体験してごらんよ!」怖いからヤです。というかゆっくりしている時間があんまり無かったので特急を待てませんでした。それでもちゃんと入場券買ってホームまで降りたよ!小さいけれど雰囲気がいい駅だなー。ちなみにトイレはボットン。さぁ、今度は今来たルートを引き返す格好で本日の寝床へ!

17:20 道の駅「いりひろせ」 521km

いきなり時間と距離が飛んでますな。これは必死こいて走ったからです。理由:帰りに通った最短ルート(往路にも使う予定だったやつ)は、地図上ではイマイチ分からないんだけど狭くて困った3桁国道だったから。柏崎市内の渋滞に突っ込んだのも失敗だったなー。抜け道は地図に載ってたのに。うおー日が暮れて寒くなってくるー!

(追記:この3桁国道は、柏崎市から小千谷市・山古志村を貫く291号。このツーリングのおよそ一週間後に大惨事になってしまいました。「ここ本当に国道かなあ」と心配になったイシダがバイクを停めて近くにいたおばあちゃんに地名を尋ねたところ、「山古志だァ」と言われたのが忘れられません。)

18:05 田子倉ダム 555km

日が落ちてからの六十里越は二度と通りたくないです。道路灯は皆無で真の意味で真っ暗だし、クソ寒いし、所々土砂崩れの跡があるし、工事中の箇所だらけで路面は悪いし、おまけにオバケが出そうだよ(マジで)!ダムの光を見てホッとして半泣き。バイクのヘッドライトなんて屁みたいなもんなんだなぁ。田子倉駅は往路復路ともに素通りしちゃった。

19:30 シルクバレーキャンプ場 617km

気温表示は19:00の時点で6℃。「木賊に行けば温泉に入れる!」の一心でガタガタふるえながら風の様に走行。着いたら早速オーナーが「味噌汁どう?」山で採ってきたキノコてんこ盛りで超うめー!その後テント張って晩飯。ネイチャーストーブ(大)でソーセージとか焼いて食う。天の川がはっきりと見える満天の星空。

2004/09/20にキャンプした時の写真ですが、木賊(とくさ)温泉のお気に入りのお風呂はここ。募金(?)箱に善意の200円をチャリンと入れて楽しみ放題。

河原に掘った手作り湯船。大水の度に埋まっちゃうのが憎めない。すぐ隣には屋根付き岩風呂があるYO!真下から熱いお湯がガンガン湧き出てる、まごうことなき源泉かけ流しってやつです。

さて、「じゃあ風呂行きますか!」の一声で数名のライダーがオーナーの車(ありがとうございます)で岩風呂へ。身体の芯まであったまる。ああ、この瞬間は何度やってもタマラン。キャンプ場に戻ったら発泡酒飲んで焚火囲んで談笑して即寝。ぐー。

2004/10/18

結構よく眠れたけど、寒くて足が痛いな。日が昇ってテントに朝日が当たるまで二度寝してテントから出ると、昨日水を入れて外に放置しておいた食器に厚さ5ミリ程の氷が…寒いはずだわ。恐るべし会津高原。

山の幸。朝飯作って食ったりおしゃべりしたり後片付けしたり日向ぼっこしたりで結局出発はお昼近く。いいキャンプだった。

12:00 バス停「木賊温泉入口」 627km
14:15 会津レクレーション公園 731km

天気もいいし暖かいし猪苗代湖を見に行く。もっと早く出発すりゃえがった。会津若松付近で雲が増え気温が急低下。昨日で懲りていたのでカッパは出し易いところにしまっておいた。この公園は装着のために停まっただけー。曇ってたので猪苗代湖もイマイチ。んぶー。 あー、会津若松駅前のアーケードは昭和っぽくてイイ感じでした。

15:40 田中屋 804km

白河ラーメンの店。ワンタンメンめちゃ美味しい。

16:45 道の駅「はなわ」 838km
18:20 水戸着 912km

無事帰還。アンチバイブレーション機能のグローブ、効果絶大。痺れが残らないし疲れも少ない。よかよか。あと、カッパの防風効果も絶大。初日もめんどくさがらずに着てれば良かった。

コメント

※初回投稿時の承認制や不適切なコメントの削除方針についてはこちらをご確認ください
※コメントのテスト投稿をしてみたい方はこちらの記事でどうぞ