うつ病体験に関する記事の前提

ロスジェネ雑記

同じ様な症状に悩んでいる人が「ほほう」って思ってくれるかもしれないと思ったので、当サイト内にはわいの体験が書いてあります(と書いてる今もまだお薬飲んでるんですけども)。

ただ、なにぶん病気のことなので前提を書いておこうというお気持ち。

1.詳しいことは担当のお医者さんに聞いてください

わいは医療関係者ではありません。わいが書いている体験は、心療内科の受診前は個人的な感想以上のものではありませんし、心療内科の受診後は全て医師の指導を受け指示通りの服薬をした上でのものです。また、症状や薬の効き方は人によって違います。

2.そもそもまず病院に行くのが怖いという方は

わいも初めて心療内科の受診を決心をする前はものすごく抵抗がありましたので気持ちは分かります。「これで、今後何か事件を起こしたら『男は精神科に通院歴があり…』って報道されるのかな」とか本気で悩みました(心療内科と精神科の違いもよく分かってなかった)。

とはいえ、心の調子が悪いときに下手にググって変な情報に引っかかるとロクな事がないので、とりあえず厚生労働省のサイトを見たほうがいいです。相談先の情報もあります。

みんなのメンタルヘルス|厚生労働省
このサイトは、こころの健康や病気に関する総合サイトです。こころの病気についての知識や病気になったときの治療法、身近にある様々な相談先、生活への支援やサポートなどを掲載しています。
医療機関の探し方、選び方|医療や医療機関|治療や生活へのサポート|メンタルヘルス|厚生労働省
こころの病気が心配なときの医療機関の探し方や選び方、精神科での治療方法、入院治療、上手な治療の受け方などをご紹介します。
地域にある相談機関|相談する・支えあう|治療や生活へのサポート|メンタルヘルス|厚生労働省
こころの健康状態や病気のことが気になるとき、まずは身近な人と支えあうことが大切です。とくに家族のサポートは大きな支えになるでしょう。地域の相談機関をはじめ様々な相談窓口、家族や患者会などがあります。

素人判断するよりも、専門家に相談した方が良い結果になります。「今日は調子いいな、相談してみようかな」ってタイミングで相談してみてください。

コメント

※初回投稿時の承認制や不適切なコメントの削除方針についてはこちらをご確認ください
※コメントのテスト投稿をしてみたい方はこちらの記事でどうぞ